しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

伝説のメルマガ復活!

しゅうちゃんです

いよいよというか、つくられた相場があるべき場所に戻ろうとして、世の中に大きなうねりが迫っているような、そんな気持ちの悪い気配がムンムンします。

人間もうそろそろ大きな欲は捨てて、ちっとは助け合わんと大ごとになりそうな気がします。


きょうは、わたしの釣り人生の中で起きた情けない失敗談をお贈りします。

2005年に私が書いていた伝説のメルマガ(←あれ、伝説なのか?)

その中から、第十五話 緊急事態で食料価格が高騰!の巻

を掲載します。

笑って生きることの大切さを感じ取ってください。



瀬戸内海には多くの無人島があり、オレらは時々新しい釣り場を開拓するため渡船やマイボートを使ってそれらの無人島へ乗り込み、数名がバラバラに釣り座をかまえる。

海底の質はどういったものなのか、釣れる魚の種類は?
または潮の流れや方向・速さなどをそれぞれが観察し、次回の釣行に活かすという、顔には似合わないような真面目な冒険をしていました。
ダウンロード

一匹の大物を釣るために、さまざまな努力は惜しまない仲間たちの姿を見ていると、遊びとはいえ、あ~男に生まれてよかったな~などと、ぜ~んぜん柄にもない感動でいい気持になったりするんですよね。

その日も万全の準備をし、総勢4名で無人の島を目指しました。

ボートを持っている知人に頼み、夕暮れ時の海を定員ギリギリのマイボートは、何度も転ぷく寸前になりながら目的の島へたどりつきました。


あくる日の昼頃にまた迎えに来てくれるよう念をおして頼んだ後、知人のボートオーナーはかっこよく去っていきました。

とりあえず全員が釣り座をかまえたら、もう一度この浜に集まってメシでも食おうということになり、オレは急いで釣りの準備を始めました。

そして手際よく釣り座をかまえ、さっきの浜へ行ってみるとSさんが先に来ていて、オレを見るなり両手のひらを上へむけて首をかしげるようなジェスチャーをするんです。

「アンタは外国人なのか?」と突っ込みを入れたくなる気持ちをおさえながら近づくと、Sさんが一言。

しゅうちゃん終わったよ・・・という。

え?何が? あわてて聞き返すと、食べ物を入れたクーラーをボートに乗る際に積み忘れたというんです。


どっひゃ~!!

それは終わった!
食料はぜ~んぶまとめて一つのクーラーに入れていたのです。


すぐにあとの二人もやってきて、全員が終わった終わったの大合唱!


もし、さっき帰った知人が気づいたとしても、すでに日は暮れかかっているし片道40分もかかることを考えると、持ってきてくれる可能性はほぼゼロ・・・。


それでもあわてて携帯を見たが、電波を表示するアンテナはただの一本も立っていない・・・。

またまた四人は終わった終わったの大合唱です。

もういくら考えてもしかたないので、翌日の昼頃まで無人島0円生活のつもりで釣りに専念しようやということになりました。

全員夕食はまだだったので、すでにお腹はペコペコ。


その時!
Aさんの口から耳を疑うような言葉が発せられたんです。


ソーセージなら一本1500円であるよ~!(←とんでもない奴である)

images (24)

ビールのつまみにと、リュックへ忍ばせていた束で100円ほどのソーセージが一本1500円になっているのだ!

それを聞いたN君は黙っていませんでした。

しょうがない・・・。

じゃ~このコッペパン一個800円の格安にしとくよ!
だって・・・。

見ると5個入りのコッペパンを一袋もってました。(←鬼である)


くっそ~!
オレも何かなかったかとポケットをまさぐったら、ガムが2枚だけ入っていました。
ちゃ、チャ~ンス!!

ガムはいかが~

images (31)

長持ちしますよ~

今回は非常事態につき、一枚300円の激安価格となっておりますー
お買い得ですよ~!

みごとなセールストークを炸裂させてやりましたよ。


それを期に、こらえていた笑いが爆発!

4人は心ゆくまで笑い、その後手持ちの食べ物を持ち寄り、仲良く分けて空腹をしのいだのでした。
ひひひっ(←情けない・・・)



わたしの周りには昔も今もユーモアのある人であふれています。
どんな状況でも笑いを忘れません。


悲惨な事態に直面したときほど、ひらきなおって笑うことができます。

そしてそれは人生のどんな問題でも解決してしまう魔法なんです。

深刻な顔は、より深刻な事態をまねくことは経験上わかっています。

なので私を知る人はみな話しかけるタイミングを選びません。
機嫌の悪い時がないからです。

人相が悪いと、いつもまわりにいじめられている私ですが(←いったい誰がアンタをいじめるんだ?)笑いの大切さを伝えることはやめれません。


きょうはこのへんで・・・。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/91-1f35451c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT