しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

腐りきった大和魂

しゅうちゃんです

最近特によく思うよ・・・。
例のマヤカレンダーの終りがきた2012年の12月ころからは特にそう感じるんだけど、人間・・・日本人もふくめて人類は欲の権化になってしまっているなと・・・。(←アンタはちがうと言うのか?)

2012年の終り頃に人類は終わりを迎えると信じてた人は世界中にたくさんいたようですが、結局は何も起きなかった。

あ~やっぱり何も起きないんだ・・・っと、またまた欲の権化が蘇ってきて同じような生き方をしています。

これはちがうと思いますね。


私はただ興味があるからこうして世界中の出来事をネットで探しまくって遊んでいるんだけど、2011年の3.11より前と、その後とでは世の中の様相がまるっきり違ってきているというのをハッキリと感じるわけなんです。

変な病の広がり

過去の人類に襲い掛かってきた奇妙な病がさらに進化して、ますます猛威を振るい始めた。

自然に起きているのか、何者かが裏で何かしているのか・・・、はっきりは言いませんがそうとうに深刻な状態だと思います。

それから地震や火山噴火の恐れが世界中にあるということ。

ここが噴火したら終わり

火山が噴火して火山灰が空を覆って凍える世界がくるなんていう映画もあったりしますが、だいたい映画なんてもんを創ってる人は人類に起こり得る事態をすでに想定していると思いますよ。

っというか、はっきりと知っている。

そうでないと創れない、人間の想像力には限界があるからね。


それから政治の世界

これはもう終わっているといってもいい。

やりたい放題でコメントする気も起きない・・・。

黄金色の山が大好きでたまらない人類の終焉が、こういったところにありありと見えてきているのが今の状況だと思います。

images (24)

日本人は大和魂といわれるすごい精神をもった民族だと思いますが、それが戦後むちゃくちゃになって今や腐りかかっている・・・っというのは私じゃないよ、神様ですよ。

大正8年に出された神示、伊都能売神諭(いずのめしんゆ)から一部を紹介しますね。

長いので前後は略します

今の人民の精神と申すものは大主霊従(たいしゅれいじゅう)であるから心は平素外面ばかりにはしり、人前だけは殊勝らしく慎みて居れど、内心と申すものは頑空妄慮であるから、少しのことにもびくついて外国の四ツ足に喰わえて振るやうな難(め)に逢わされて居りても未だ気が付かぬ厄介な人民であるぞよ。

今の人民は霊界の事実が頭から少とも解りて居らんから、万古末代生き通しの真理を弁へず、現世でさえ立派に暮らしたら死後は堂でも構わぬと云う一般の馬鹿な身魂で在るから、天地神明の御威光も畏れず、現世の富貴安逸快楽(ふうきあんいつかいらく)のみに心を奪られて貧(まずしき)を蛇蝎(だかつ)の如くに忌み嫌い、精神が腐ろうが天則を外そうが其んな事には毛程も心配いたさず、黄金万能主義の信者に落ち込み、国家の為に身命を捧げんとする真人(もの)を馬鹿もののように罵り嘲り、死ぬことを厭ひ下らぬ体欲に耽りて、肝心の天の使命の降った神の生き宮の身魂である事を忘れて居るから世界は日に増しに悪事災害が発生いたすので在るぞよ。



どうです?
黄金(お金)の信者になりきってしまった人類の多くの集団無意識が悪事災害の原因だとはっきり言ってますよね。

生きてるうちに死後の世界の真相を知ることが大事なのに、死んだらもうどうでもいいという考えでいるから、やけくそでいいかげんな生き方になるんですね。

そういう人があの世で迷ってしまい、ふらふらといつまでも現世に漂って夜釣りをしているわたしを悩ませているんです。(←ゆ、幽霊のことか?)

だからとりもどそう大和魂を。


いつもありがと~、じゃ~ね~
スポンサーサイト

| 未分類 | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/414-e4c0e322

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT