しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地球に化け物が近づいてる?

しゅうちゃんです

わたしが小学生の頃、ノストラダムスの大予言っていうのが大ブームになって1999年人類は滅亡するんだとけっこう本気で信じてました。

足し算引き算のまともにできない私でさえ、あ~36才ころに人生終わってしまうのか~

どうしようという話しで盛り上がっていたのを今でも覚えている。

まああれは結局、ある本がきっかけで世の中がざわつき始めたわけで、ノストラダムスが残した謎のような予言を勝手に解釈した結果あ~なったんだけどね。

だからいまだにノストラダムスを研究している人らがいるんです。

あの予言の中の有名な部分に、空から恐ろしい大魔王が降ってくるみたいなところがありましたよね。

あれをいろんな人たちが好きなように解釈してたわけだけど、なんだかそろそろこの謎も解けそうな気がします。


きのういろんなブログ記事を見て回っていて発見したんですが、天文学者たちが地球に恐ろしいスピードで迫ってくる巨大な星団を見つけたんだそうです。

もしかしてこれが二ビル?かどうかはわかりませんが・・・。

けっこう前からこの惑星二ビルについてあれこれ言っている人たちがいます。

その中に面白いオジサンがいるの知ってます?

そのオジサンは3600年周期でまわってくるという惑星二ビルについて面白く話してくれます。

興味ある人は聴いてみるといいよ。

この人の話は漫談でも聴くように退屈はしませんから。

宇野正美二ビルを語る

まあ信じる信じないは勝手でいいんですが、この人の話が良いのは世界の裏側で起きている陰謀の話しと、今つぎつぎ起きている異常な気象、そして宇宙の出来事が繋がっているということがよくわかる点です。

わたしもここで伝えたいのはそういったことで、付け加えれば次元のちがう世界の話しや、宇宙を創造した存在のことや、地球人類以外の生命のことなどです。

これらの話しはまったく別の話のように思われがちだけど、じつは裏で全部繋がっている。

でもそれをどういう順番でどの部分から話していいかわからないから話がややこしいんですよね。


けどね、それもそろそろすべての謎が解ける時が近いような気がします。

しかし空からいきなり星が降ってきたらエライことになるでしょうね。

ssa001.jpg


この二ビルとかいうやつ、楕円形の軌道を回っているようで、これまでに大きな文明をぶっ壊してきたのがこの二ビルだということを、宇野せんせは熱く語っているわけです。

もしもホントに3600年という周期でこの化け物惑星がくるのだとしたら、数年くらいのズレがあっても不思議ではない。

エライ人がいくら緻密に観測してもそりゃ~完璧な予測は無理でしょう。


だから馬鹿な話だと一笑にふすわけにもいかないと思うんですね。


しかしまさか、一生に二度までも人類の滅亡説が浮上してきて、わたしをビビらすとは思ってもみませんでした。


でもね、ものは考えようで、そんな貴重な時期にこの惑星地球で生をうけているわけですから、我々はもしかするとすごい経験をすることになるかもしれません。


もし最後の晩餐の日が確定されたとしたら、何食べますか?

わたしはお茶漬けにお漬物でじゅうぶんありがたいな~って思っています。(←お茶漬けが好きなのか?)


地球の終りがくるといけないから先にみんなに挨拶しときます。

いろいろありがと~(←明日は病院開くから行っとけよ!)
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/411-57e384b4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。