しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人類の傲慢がまねく結末は

しゅうちゃんです

きょう気づいた大きなニュースは、安倍さんの外交結果ではなく、選挙の結果でもなく、事態が悪化する韓国のフェリー沈没でもない、アメリカの竜巻だ。

しかしデカいやつが来たもんだ・・・。

アメリカ竜巻

ヒトラー予言ですが、そのまんまになってきているような気もしますが・・・。


この竜巻のニュースを見た後、撮りためていた映画チャンネルの一つをかたずけておこうと、一番古いのをかけたらデイ・アフター・トゥモローでした。

えっ、これかよ・・・っと思いながらも見たんですが、これはご存じのとおり地球規模の気候変動が起きて、とんでもない事態を乗り越えていくというストーリー。

この作品で描かれていたのは、やはりまず前兆現象が現れるんですね。

でっかいヒョウが降ってきたり、空を埋め尽くすほどの鳥が逃げ出したりする。

ssa05.jpg

そんであちこちにデッカイ竜巻が起き始める。

もうそこらじゅうの建物も車も全部飛ばされて街がワヤになる。

この気候変動に早めに気づいた人たちも少ないけどいたわけです。


けど傲慢を絵に描いたような副大統領が、優先順位をまちがえて手遅れになるんだなこれが・・・。

ssa03.jpg


そして選択をまちがえる場面がもうひとつ。

大勢が図書館に避難したんだけど、南に向かって逃げようという人と、科学的な立場からそこにとどまった方がいいという意見に分かれる。

逃げようと考える人たちの方が大勢で、自分の心に従って残った者は少数。

けどこの少数の人たちがやはり最後には生き残るんだな。

まあ先が読みやすいストーリーではあるんだけど、大勢の人たちに流されて、大きな流れに乗ろうとする人が多いのは世の常ですね。


最後には副大統領が改心するのがまた何とも・・・。

そりゃそうで、いままで富を独占していた先進国はもはや住めない凍った世界になり、途上国に快く受け入れてもらっているんだから・・・。

あ~なると人間、金があろうが宝石が山ほどあろうが何の役にも立たない。


最後は同じ人類として共に生きる選択しかないわけなんだな。

ここまできてやっと、いくら強欲ななオッサンでも、人類の傲慢さが地球を怒らせたんだと理解できるというわけです。

ヒトラー予言に書かれてる2014年に世界がどうなるかって部分、みごとに当たりそうで気持ち悪いね。

ヒトラー予言

結局こういった天変地異というのは、人類の傲慢がもたらしたものだということを、そろそろ気づいた方がいいんじゃないの・・・ってつくづく思うよ。
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/403-4159f69f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT