しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

言霊の幸ふ国

しゅうちゃんです

ゆうべは先日釣ってきたメバルを煮付けていただきました。

これまでの釣り人生で、自分が釣ったお魚というのは他人にあげることがほとんどで、実は食べることを自分ではあまりしてこなかったんです。

それが幸いだった!

なんで自分で食わずに他人にあげてしまうことが幸いなのかというと、ふつう釣り人というのは自分で釣って自分でさばいて美味しくいただくという、釣って・食べての二つの楽しみがあるんだと思いますが、私の場合はこのへんも変態で、釣るのみ。

食べるのは他人にまかせていたんです。(←本物の変態だな・・・)


だから最近ついに食べる楽しみが新たに加わったというわけ。

ふふふ、食べる楽しみを残していたというわけなんですね。

xd3.jpg

それのまあ美味いこと美味いこと!

うちにいるお姉さんと、奪い合いが起きるほどです。


いや~美味かった

ありがとう~

ごちそうさま~

素敵な言葉の連発です。

タイトルの「言霊の幸ふ国」どおりの良い言葉が飛び出す結果となっているんです。



ところで、私が中島で釣りをした日に興居島へ渡った釣友さんからメールがありました。

やはり藻がきつく、あたりも渋い状態だったようですが、釣果はあったようです。

その方のメールには日々の暮らしの現況が書かれていたんですが、晴耕雨読という状態らしく、なんともこの世の天国を謳歌されているようでした。

私は以前から農業が気になると言っていたわけですが、晴れた日には畑を耕していい汗をかき、雨の日には部屋でこんもり本を読む。

なんと素晴らしい生き方。

その方とのメールのやりとりの中で、農業で飯を食うのは難しく、まあそれは大変だということがわかりました。

実は私自身、農業がやりたいとは言っても、農業の「の」の字も知らないどころか、植物を植えたのも小学校で朝顔の種を撒いて鉢で育てた記憶しかない・・・。(←それで農業やりたいとは何事ぞ!)

まあでもね、やったことのないことを体験したいっていうのは誰にでもあるよね。

が、この方はヒントをくれていた。

趣味でやるならできるというような言葉で・・・。

そう、それなんですよ、釣りも長い事やってきましたが、漁師になろうとは思わなかったように、農業も仕事にせず趣味でやるなら何とかなるかもしれない。

よ~し、それでいこう!
っと、いつの日か趣味の農業をやろうと心に決めたのでした。

いや~それにしてもますます農業がやりたくなった、健康に生きてることに感謝です。



それはそうとね、私のような単純でお馬鹿な生き物がなぜいつも機嫌よく暮らしているのか、最近よくわかってきたんです。

それが「言霊」の力だと。

幼少期からある程度の大人になるまで、わたしも普通に口の悪い男だったかもしれない。(←しれないじゃないだろ!)

とくに小さいころは・・・。

xd0.jpg

憎まれ口ばかり叩くもんだから、いつもロクなことがなくて、ロクなことがないからさらに文句ばかり言う。

親からは、口ごたえばっかりして、ちょっとは勉強せえ!
っと怒られる・・・。


自分が親になってからもまだ他人を批判したり文句を言ったりすることが多かったなと思います。

それが少しは本を読むようになってきて、ふつうの常識程度はわかるようになっていった・・・っと思う。

すると不思議に、もう少し利口になって人様から褒めてもらおうと、さらに本を読んだ。(←動機がヤバいね・・)

へ~アンタ凄いねなんて言われて、ますます調子に乗り、本をむさぼるように読んだ。

すると不思議、いつのまにか優しい言葉づかいをするようになっていた・・・。

特に女性からは、話し方が優しいね・・・とか言われて、え?モテてんの?て勘違いするほど。

古来から日本は「言霊の幸ふ国」ことだまのさきはふくにだと言われています。

言葉の霊力が幸をもたらすという意味ですが、この意味がよくわかるようになったんですね。

xd1.jpg

それからだんだんと意識して良い言葉を使うようになりました。

声に出した言霊は現実の事象に対して何かしら影響を与えているようで、良い言葉を発すると良いことがよく起きるということをガンガン体験するようになったんです。

物を食べて美味しいと言えば、さらに美味しい物が巡ってくる。

うちの子供らは、すぐにありがとう~という言葉を使っていたので、親のわたしがそれを学んで真似ている・・・。

今ある物になんでも感謝して生きていると、ホント自然に出てくるありがとうの言葉。

ありがとうを言っていると、どんどんありがたいことが舞い込んできて、言霊の威力に驚かされます。


いつも文句ばっかり言ってる、愚痴ばかり言ってる、他人を批判してばかりいる、そんな自分に気づいたら思い出してみてください。

私のようないいかげんでお馬鹿な悪人顔の男でもつねに幸せな気分でいられるのは、言葉の使い方だったんだということを。




スポンサーサイト

| 未分類 | 06:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/375-2c3fe21b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。