しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

思い知らされた出来事

しゅうちゃんです

少し前の出来事なんですが、わたしはこれまでにない苦しい体験をしました。

便秘というやつです。

これまでお腹を壊してゆる~くなってしまったことは何度もあったんですが、硬くて出ないなんてことは一度もなかったんです。

硬くてもなんとかかんとかなっていたわけで、他人が便秘に苦しんでいるという話を聞いても、ふ~んそうなの?ピョンピョン飛んでみれば・・・なんて言葉しかかけたことがありませんでした。


思い起こせば私の母が病気になったとき、ながいことトイレの中にいたとき、大丈夫?と口では言っていましたが、いつまで入ってんの・・・と、わずかですが心の中で思っていたような気がします。

そのときの私にはまだ便がでない辛さがわかっておらず、まったく人の痛みを理解できない出来損ないだったんだなと今は思えるんですね。

当時30代で、自分の身体はまだまだ健康そのものだったから、相手を本気で思いやっていなかったことを今ホントに反省しています。

そして母が亡くなったあと、自分の人生のパートナーになった人も同じことで苦しんでいました。

それでもまだ私はほんとうの辛さをわからず、あれを食ったら?とか、運動が足りないとか、勝手なことばかり言っていたんです・・・。

そしてついに・・・。

nbmvm.jpg

わたしが体験する番がきたんです。

いきたくても出ない。

壁ができているように感じられて、とうてい出て来る気がしない・・・。

とんでもない苦痛が襲ってきて、薬の大嫌いなわたしが薬局で真剣に薬を選んでいたのだから何という因果なんでしょうね。

因果が巡ってきたんだといわれればそれまでなんですが、人間は自分がまだ経験していないことを学ぶためにこの世に生まれてきているんだということを、このとき強烈に思い知らされました。


人相は悪い私だけど、けっこう優しい方だと自分では思っていたんですが、口は優しくても心の中には少し曇りがあったような気がします。

言心行一致が神界の律法だと何かで読んだ覚えがあります。

口に出す事と心の中で思う事、そして行いがすべて一致することが大切なわけで、思ってもいないことを言ってみたり、言ったことを実行してなかったりと、人間はなかなかこれが一致しません。

知らず知らずのうちに、苦しむ人にたいして言った言葉も、心が伴っていなかったことで「苦しみを理解しない」という原因をつくってしまった。

そのことで、自分がそれを体験するという結果を生んでしまったというわけです。


ここには因果の法則がみごとに働いていて、心の曇りを自分自身の経験によって学んで解消するという、あざやかなシステムがあることを改めて感じました。

あなたにもこういった経験があるんじゃないでしょうか?


人間はこういった学びをそれこそ数えきれないほど体験させられていると思いますよ。

早くこのことを理解して、言心行を一致させていくと、みごとなほどに人生は豊かで幸せなものになっていくんだと思います。
スポンサーサイト

| 未分類 | 13:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/361-868c761f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT