しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魂の年齢

しゅうちゃんです

きょうはちょっとね、魂の年齢について書いてみます。

魂の年齢ってそりゃなんだ?っとい方は魂の転生について少し知っておく必要がありますが、ここでもよく紹介している魂の法則を読むとよくわかります。

「魂の法則」で検索してみてください。


前にも書いたように、このブログは少数の私に関わりがある人たちにむけて書いています。

大切な人たちです

けれどもちろん、たまたまここを通りかかった人にも読んでもらいたい。

袖触れ合うも多生の縁だからね。

この多生の意味わかるよね。

多くの生を生きて来たから多生なんですね。

そのほか他生とも書きます。

今世とはちがう他の生のことだから、とうぜんこれらの字からわかるのは、人は何度も転生を繰り返しているということですね。

わたしはこのブログを書き始める前までは、輪廻転生について書くのはまだいけないんじゃないのかと考えました。

まだ馬鹿馬鹿しいと思う人の方が多いんではないのかと思っていたんです。

ところがところが・・・、縁のあった大切な人たちと、このことについて話してみると、意外な事にけっこう信じていたんですよ。

そうなると話が速い。

っというのもね、人には肉体的な年齢と魂の年齢があるという話について書けるから・・・。

私も自分の人生の中で、これまで嫌というほど感じてきたことがあります。

この人オッサンのくせになんだか幼稚な事ばかり言ってるな~とか、すぐにムキになったり変にあわてん坊だったり・・・。

逆に、まだ中学生くらいなのにやけに落ち着いていて、へたするとこっちの考えを見透かされているんじゃないかと警戒さえしてしまうほどの若者もいませんか?

たぶんあれがね、魂の年齢なんだと思うよ。

魂は生まれ変わるほどに経験を積んでいるわけなんだな。

人は転生したときに前世の記憶を忘れてくるわけですが、それは今世の試練に立ち向かうためだということはよく知られていますね。

しかし前世の記憶はしまわれたままだとしても、魂が経験してきたことは忘れてはいないんです。

だから若いうちからやけに度胸の座った者もいるし、肉体はジジーなのに何にもできない、あるいは何にも知らない・・・みたいな人もいるわけなんだな・・・。

あなたのまわりにもこういう人っていませんか?


ここで書くような話も、読む人の魂の年齢によって理解がまるでちがうんだろうな・・・っと思うから、私はもう気にせず書いています。

話しの意味が分かる人は、わたしと同様の魂の年齢を持っているんだと信じて。

だからといって私の魂の年齢が高いとは言ってないからね。

何回生まれ変わってるか・・・なんてことは知らないし、なんの霊能力もないから、もしかすると魂は幼いかもしれません。(←しれんませんじゃなくて幼いんだよ!)


そしてこの魂の年齢を重ねる意味なんですが、これはやはりどう考えても、この地球上でありとあらゆる経験をすることにあるんだと思います。

人は進化しようとしているんですね。

赤ちゃんとしてこの世に生れ出て、だんだん経験を重ねながら成長していく。

やがて結婚して自分の子孫を残すという行動をしぜんにとる。

そしてやがて年老いて赤ちゃんに還る。


生まれて60年を経過すると還暦の祝いをしますが、このとき着る赤いちゃんちゃんこはまさに赤ちゃんに還るという意味なわけです。

mmnm.jpg

人によってこの世で経験することの数はちがいますよね。


性格によってもちがうし、生まれた家の環境によっても大きくちがってくると思います。

活発に行動して、何でも体験してみようとする元気な人もいれば、消極的で読書ばっかりしている人もいます。

こう書くと、活発な人が良くて読書ばかりする人はダメみたいに聞こえるかもしれないけど、それはちがうと思います。


なんでもすぐに行動にうつす人は、その分だけ多く成功もするけど失敗もするわけです。

読書ばっかりする人は、何もしてはいないけれど、本の中で多くの学びを得ていると言えます。


だからどんな人のことも、絶対に批判してはいけないわけなんですね。

その人はその人のやりかたでこの人生に取り組んでいるので、強制せずに理解してあげることが大切なんですね。


まだ自分が体験していない事や、いまだ学んでいないことに挑戦していくことで魂は完成に少しずつ近づいていくわけです。

肉体年齢が上だからと言って、相手に高圧的な態度をとったり命令したりすることは相手の自由な意思を邪魔することになるわけなので慎んだ方がいいと思います。

現在どのような環境にいる人も、どのような性格の人も気にして悩む必要はないと思いますよ。


あなたはあなたなりの人生の中で、心が欲しがる通りのことをして生きればそれでいいんだと思います。

たくさんの経験をして、たくさんの本を読んで、生きることの意味をずっと探し続けることが肝心だと思います。
スポンサーサイト

| 未分類 | 05:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/358-c8a9075f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。