しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

神代の昔から巨人はいた

しゅうちゃんです


宇宙から来たという人や、異星人からのメッセージを受け取ってるなんて言ってる人なんかの話によく巨人が出てきたりします。

わたしは子供の頃から、よくそういった巨人の話を本で読んだ記憶があるんだけど、あれってホントなのかって半信半疑のままでした。


最近読んだ本の中にもやはりこういう話がよく出てきて、これって全部がウソでもないよな~なんて考えるようになりました。

実際に2メートルをらくに超えてる人は世界にいくらでもいるし、もっと大きな人がいたとしても不思議じゃないよね。

謎の巨人動画

今面白く読んでいる、王仁三郎の霊界物語なんかにも、でっかい神様がよく登場しているし、異星人の中にはでっかい奴らがいるという話はいくらでもあります。

アバタ―っての覚えてます?

やつらも大きかったよね。

人間をつかんで投げるくらいに・・・。


だから他の惑星や次元のちがう世界、それから大昔の世界にはそういった巨人がいたっておかしくないんだな・・・。

もう何でもありの時代があったのかもしれない。

vbc00.jpg

神代の世界では、ヤマタノオロチみたいなのが神に憑依して獣を食いまくったり、神様たちを食べたりするようなものまで登場する。

はじめはまるで漫画のように感じるんだけど、神様しかいない時代にまでさかのぼると何があっても不思議はないんですね。

だって神様は霊力を使って気象まで操ったりしていたわけだから・・・。


世界のあちこちで見つかっているという巨人の白骨なんかにしても、全部がウソとも思えないし、ホントならとんでもないし・・・。

お化け白骨

地球外の生命体の中には6~7メートルもあるやつらがいるなんて話もちょこちょこ本で読んだことがあります。

現在の人間ってのは、自分で見たものしか信じないような頭の構造になっているから、自分が生きるわずかな人生の中で実際に目にしたものしか受け入れないわけなんだな・・・。

でもね、何十億年という宇宙の歴史から考えて見て。

人間の寿命ってたかだか100年ですよ。

そんな刹那の時間で何がわかるでしょうね。


神代の時代には巨人以外にもいろんなものが出てきます。

角が生えてる神様だっていたようですよ。

王仁三郎さんによると、霊界物語は何十万年前の神代の物語だということですから、まさになんでもあり。

そういや、こんな頭蓋骨もあるみたい。

角が生えた頭蓋骨

本物かどうかはわかりませんが、あっても不思議じゃないかもね。

100年ほどしか生きられない我々人間が、はるか太古の昔のことを知るにはどんな説も否定せずに聞いてみることだと思いますね。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/344-657af887

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT