しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

魂の法則⑭

しゅうちゃんです

アメリカの寒波やヨーロッパを襲った高波、どれを見てもあ~もうそのときは近いな・・・っと感じるのですが、まったく気がつかない人も大勢いるようだ。

いったいその時とは?

って言われても、その時としか言いようがない。

なにがなんだかわからなくて、ただ曖昧な状態で、なにかが大きく変わる前の混沌とした状況とでも言わなければ言葉で表現できない・・・。


ただ自分の役割として、そういったものが近づいていることや、あわてず騒がず今を生きるためにはどういう心構えでいなければいけないか・・・っということを伝えることしかできない。

2014年、今までの常識をすべていったん捨ててみて、世界を大きな眼で見渡してみないといけない。

この世以外の世界を少し感じてみる気分で、魂の法則をどうぞ。

前回はコチラ

「魂の法則」


第一の法則: 進化の法則

• 魂の目的は、果てしなく永遠に進化し続けること。

• 何において進化するのか?
愛と叡智において。
愛なくして進化はない。愛なくして叡智はない。
愛なくして幸福はない。

• 進化は、各人の意志と努力にかかっている。


霊的世界


*最初に、魂の命は生まれた時に始まるのではないと言われましたよね。

その通り。

*生まれる以前には何があるのですか。

死んだ後と同じ、「生」だ。物質界に縛られない生の期間と、赤ん坊
に転生して物質界に戻ってくる期間とを、交互にくりかえしている。


*それでは、誕生をもって「生」が始まるのではないのですね。

それはちがう。

*僕たちは皆、今生の前にも別の「生」を生きたのでしょうか。

そういうことだ。

*それでは、生まれる前はどこにいることになるのですか。

霊界だよ。

*そして、死んだ後はどうなるのですか。

魂は肉体を離れて、元いた霊的世界へ帰る。つまり、物質に縛られる
ことなく生き続けるのだ。


別の表現で要約すれば、霊界から来た魂は、生まれたばかりの赤ん坊
として転生して物質界と繋がり、肉体の死を迎えるまで物理的に生きる
期間を過ごす。死の瞬間に肉体との絆は切れて、霊界に戻る。


人がどこから来てどこに行くのかについての秘義は、「天に昇った者
はいないが、天から降りてきた者はいる」という簡単だが非常に奥深い
くだりによってイエスが公言していた。これは、ヨハネの福音書三章十
三節(3, 13)に記載されているが、今までその意味が完全には理解され
ることはなかった。


*でも、どういう状態でその霊界に戻るのでしょうか。つまり、目覚め
た状態なのですか? 自分たちに起きた事を自覚しているのでしょうか、
それとも複数の宗教で信じられているように「最後の時」のような事態
になるまで昏睡状態でいるのでしょうか。

昏睡状態どころか、転生している時より霊界にいる時の方が、現実を
ずっと良く自覚しているのだ。肉体を離脱することで、魂が意識を失っ
たり、寝ぼけたままの状態になるのだと考えてはいけない。


各魂の進化程度と死の状況によって期間が異なる、一種の混乱期を経るとは言え、
魂は霊界で真の生を見出し、色々な事を自覚するのだ。その中には、何
が転生の目的であったのか、ということも含まれる。


霊界は君たちの世界以上に実体のあるところなので、もちろん、他の
存在と一緒に関わる業務もある。実際のところ、君たちの世界というも
のは、霊界の実像が歪められて投影されたものに過ぎないのだ。



*でも、正確にはどこに行くのですか。

普通はどの魂も肉体を捨てると、各自の進歩状況に応じた次元の霊界
に行くことになる。そしてそれは、生存中にどれだけ「愛の法則」に見
合う行為をしたかで決まる。魂の最終目的地は、いつも霊界の故郷に戻
ることだ。


しかし、他の生き物を酷く苦しめる行為をした犯罪者の魂などは、そ
の行いが足かせとなって、下層アストラル界の低い波動レベルに囚われ
てしまうのだ。


それとは全く逆に、我欲の大部分に打ち克つことができ、愛情に満ち
た行動をした魂は、上層アストラル界の一番高い波動領域まで昇ってい
けるのだ。


この二つの極端な例の間には、無数の中間層が存在しているのだが、
どこに行くのかは、それぞれの魂の霊性レベルと、どれだけ「愛の法
則」に沿った行いをしたかによる。


*話が分からなくなってきたので、少し待って下さい。「波動レベル」
が何を意味するのか説明していただけますか。それが、進化の状態とど
う関係があるのですか。

波動レベルは、魂の進化状態がエネルギー次元に反映されることだ。
愛がアストラル次元、つまりエネルギー次元で顕れると、波長が高い
と言える。したがって高振動の波動は、愛の能力が高く、エゴを脱却で
きた進化した魂のエネルギー体のものだ。


低周波の波動は、まだ我欲で行動している進歩のみられない魂につき
ものだ。


この両者の間に、中間的な進化段階にいる魂たちが存在していて、波
動レベルも中ほどなのだ。
どの魂も肉体を離れた後は、それぞれの進化レベルに応じて、自己の
波動レベルに相当する次元に移行するのだ。



つづく


スポンサーサイト

| 未分類 | 13:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/267-d81639f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT