しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魂の法則⑩

しゅうちゃんです

休みでゆっくり読める環境にある方もいらっしゃるかもしれませんので、今回は長めに掲載しますね。

前回はコチラ


さて、続きです。


*その似通った結論とは何ですか。

肉体の命というものは、決して終わることのない本物の命の一瞬に過
ぎないということ。肉体の死はおしまいではなく、より自由な存在へと
移行する一段階に過ぎないこと。我々は皆、先に向こうへ渡った愛する
人たちと再び出会えるのだということ。そして愛する人たちとは、別の
転生でもめぐり会えるということ。我々の一人ひとりに、物質界を自由
に探求しながら、自分自身の力で知識や愛において成長していけるよう
に用意された計画があること。この人生で出会う状況は偶然の産物など
ではなく、前世の行為の結果であること。我々は生まれる前から、今生
で取り組む試練を知っていて、それらを上手く乗り越えようと周到に用
意してきたこと。


*なぜ過去生の体験があるということが言えるのですか。過去生でも今
生と同じような意識状態でしかなかったのですから、今と同じように前
世の存在を自覚できなかったのではありませんか。

なぜなら、過去生を詳しく覚えているだけではなく、同時にどうして
そのような人生や試練を経験しなければならなかったのか、その理由も
覚えている人がかなりいるからだ。つまり、物理的な生と生の間の肉体
を持たない期間に起きた事も覚えているのだ。


心理学博士のマイケル・ニュートン(Michael Newton)のように転生
と転生の間の記憶を専門的に調べている研究者もいる。ニュートン博士
は、人びとを深い催眠術状態にすることに熟練していて、転生と転生の
間の記憶を思い出させることで、どうして特定な時期に、特定の家族や
環境の下に転生することを決断したのかを思い出させるのだ。『死後の
世界が教える「人生はなんのためにあるのか」/Journey of Souls』と
『死後の世界を知ると、人生は深く癒される/Destiny of Souls』を読んで
みればいい。



*各人生で僕らが経験しなければならない試練や環境とは何で、どうし
てそうしないといけないのですか。

そのような試練の多くは、我々が他者にしたことを自分自身で味わっ
て、自分が招いた状況結果に直面して、自分の行為が他者に及ぼした苦
悩や喜びを自覚できるようになるためのものだ。本当に種々様々な試練
があるのだが、一般的には、我々がエゴを解き放って愛において成長で
きるようにと意図されている。


*自分が肉体ではなく魂であることを自覚するには、実際に死んだり臨
死体験をしてみる必要があるのでしょうか。

その必要はない。実際、君たちの誰もに一時的に肉体を離れる能力が
あるし、実際睡眠中にはそれが無意識に起こるのだ。でも、特定のリラ
ックス技法によって、意識的に肉体との分離を誘発させることができる
人もいる。幽体(アストラル体)離脱は、意識が肉体に縛られてはいな
いことを実証してくれる。


*幽体(アストラル体)離脱とは何ですか。

肉体から一時的に分離することだ。しかし、どうしてすでに知ってい
ることを質問するのだ? 君はここにその方法で来たのではないのかい?


*僕は、他の人たちが言っていたことを試そうとしていただけなんです。
理論と実践は別物ですから。でも、こんなことが実際に起こるとは思っ
てもいなかったんです。

実際に起こるのさ。君の身体はここにはない。君のベッドの上に横た
わっている。だが、君自身はここにいる。


*あなたが言いたいのは、身体がなくても僕たちが生きていられるとい
うことだけではなくて、物理的に生きているままで、死んだりせずに身
体から出たり戻ったりできるということですか。

その通りだ。

*具体的に何が肉体から離れるのですか。

説明した通り、魂が、物質界での活動に使用する衣に過ぎない肉体か
ら離れるのだ。だが、この分離は一時的なもので、両者の間には常に決
して壊れることのない繋がりが存在し、それによって健康を損なわずに
魂が肉体に戻ることが可能なのだ。それが、シルバーコードと呼ばれる
ものだ。


*シルバーコードとは何ですか。

アストラル体と肉体とを結ぶ絆だ。アストラル体が抜けても、肉体が
生命を維持するために必要となるエネルギーを供給する、臍の緒のよう
なものだ。霊能者たちは、この「コード」は銀色がかっていて、アスト
ラル体が身体からどれだけ離れようと、必要なだけ伸びることのできる
伸縮自在のひもみたいだと言っている。つまり、魂が肉体を離れて遠く
に旅する時には、とても長い距離まで伸びることができるのだ。


*身体から離れて、魂はどこに行くのですか。

各人の思考が導く場所へ。アストラル界へ。これは、人間の成長に必
要なエネルギーの流動に応じて自然に起こるのだ。睡眠中のこのような
旅ではエネルギーが供給され、霊的にもっとレベルの高い存在たちが助
言をくれたり導いてくれるので、後の実生活が容易になる経験も与えら
れる。
このことに関してもっと知りたければ、オリバー・フォックス
(Oliver Fox)の『幽体離脱/Astral Projection』を読むようアドバイスし
よう。


*アストラル体? アストラル界? 霊的存在? 駄目だ! 少し待ってく
ださい! もう、ついていけません。

私はただ君が質問したことについて答えようとしただけだ。だが、話
題が色々飛ぶので、どれも深く掘り下げることができないでいる。もし
良ければ、君も身体に戻る時間だし、これで一旦打ち切ろう。
独りになって、探求したり思いを巡らさなければならない事柄が、今
はかなりあるだろう。君に推薦した本を探して読むようにしてごらん。
この体験が、君の頭が作り出した幻覚ではなく、本当に現実だったと自
信が得られるような確証を与えてくれるだろう。



つづく


来年もブログを書くことができるのなら、最終最後のとどめの神示と言われるひふみ神示を紹介したいなと思っています。

東京周辺に不気味な地震が頻繁に起きているようです。

みなさんくれぐれも気をつけて。


スポンサーサイト

| 未分類 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/256-e24a4d08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。