しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魂の法則⑧

しゅうちゃんです


魂の法則です


*僕にはやはり、主観的な印象に過ぎないように思えますが。

これらの証言を表面的に個別に分析するなら、正当性を疑うのは簡単
だろう。しかし、国や文化や信念の違いにも関わらず、非常に似通った
特徴を持つ現象が、大人に限らず子どもにも、何度もくりかえされてい
る場合には、少なくとも、この件に関する真剣な研究がなされるべきで
はないだろうか。


君たちの世界にも、アメリカの精神科医で哲学家であるレイモンド・
ムーディ(Raymond Moody)博士や臨死体験をした子どもたちの調査し
た小児科医で神経学研究家のメルヴィン・モース(Melvin Morse)のよ
うに、臨死体験を入念に調査することに専念して体験談を取りまとめた、
真面目で著名な研究家が沢山いるだろう。『かいまみた死後の世界/Life
after Life 』と『臨死体験光の世界へ/Closer to the light』を読むことを勧
めよう。


*そうだとしても、僕には、死後の生の存在の証拠としては、偶発的で
根拠に欠けるように思えます。亡くなったまま戻らない人たちに比べる
と、臨死体験をして生き返ったケースの割合は少ないですから。

君たちが死と呼ぶ、肉体との最終的な分離の過程にいる死にかけてい
る人たちからの証言はもっとずっと沢山ある。この過程にいる人の多く
が、すでに亡くなった親しい人たちや向こう側への移行を助けてくれる
光の存在を見たり、彼らと話したりした、と断言しているのだよ。でも
普通は、幻覚を見ているのだと思い込む。どうやら死が近づくと、また
もや世界中のあらゆるところで、同じ幻覚を見ようと皆が約束でもする
らしい。

世界的権威の精神科医であるエリザベス・キューブラー・ロス
(Elisabeth Kübler-Ross)のように、このテーマを真剣に研究すること
に専念した熱心な研究者も沢山いる。彼女の『死ぬ瞬間/ On Death and
Dying』を読んでみたらどうだい。


*でもこれらは全部、臨死体験をしたとは言え、肉体的には生きている
人たちのケースではないですか。

肉体を持たない存在とコンタクトをしたという証言もある。良くある
のが、最近亡くなった親しい人が、はっきりと夢の中やベッドの足元に
現れて、お別れを言うケースだ。これは、研究者によって余り調査はさ
れていないが、結構頻繁に起こるケースだ。


*それにしても、生と死の境での出来事に限定されずに、もっと確固た
る証拠があってもいいと思いますよ。

霊界とのコンタクトをもっと頻繁に継続して取れる霊媒(敏感な人)
もいる。


*それは、なおさら信じられないのですが。

鵜呑みにしなくてもいい。だが、伝えられるメッセージをよく吟味し
て分析してごらん。メッセージの質で発信人が分かるだろう。


*でも、どうしてそれがいかさまではないと分かるんですか。つまり、
自称霊媒師がどうして死者のふりをしていないのだと分かるのですか。

いかさまは常に可能だよ。しかし、偽札を造る人がいるからといって、
全てのお金が偽物とは限らないように、霊媒だと偽る人がいるからとい
って、全ての霊媒師が詐欺師やペテン師だという訳ではない。


詐欺にあわないためには、日常生活において正直で、自己の利益のた
めに能力を使ったりしない霊媒師を選ぶことが一番確実だ。
生まれつき何らかの霊媒体質で、子どもの時からこの能力が目覚めて
いる人は、君が考えている以上に多いのだよ。しかしながら一般的には、
周囲から拒絶されたり理解されなかったりするので、その力を抑制して
しまうのだ。
また、能力を適切に開発できて社会の利益に使おうとするごく小数の
者は、嘲笑の対象になったり日常生活で足を引っ張られたりしないよう
に、目立たないようにやるものなのだ。


*どうして霊媒能力のある人とない人がいるのですか。それは何の違い
によるのでしょうか。

それは、各魂の進化の計画による。霊媒になるというのは、転生前に
選んで設定されることなのだ。他の人たちを援助することによってその
能力を正しく使うことができれば、その人がより速く進化するために役
に立つ。これは、魂が前生で行った行為と深く関連している。


つづく
スポンサーサイト

| 未分類 | 01:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/248-31b4cb6d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。