しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

施しが自分を救う

しゅうちゃんです

髪が伸びてきました・・・。

おっさんになっても爪や髪の毛が生えるスピードは変わらないもんですね。(←アンタちょっと早すぎじゃね?)


今日はちょっとね、仏の教えでもある施しについて考えてみた。

人間の欲望の中でもみんなが大好きなのがお金の欲ですよね。(←勝手に決めるな!)

アナタの金銭欲ってどのくらい?

ガッツリ貯めこんではいるけどもっと欲しい人もいるだろうし、食えていれば満足している人もいる。

ぜんぜん無いから必死になって集めようともがいている人もきっといる。

ダウンロード

金銭欲もちょっとはないと、人間進歩もないだろうから、度を越さない程度には稼いでもいいんだと思います。

だって金がゼロではどうにもならんからね・・・。


けどね、お金を持ってる満足感というのはアナタが決めるもので、他人があるとかないとか言うものでもない。

持ってるのは悪い事じゃないけど、むさぼってはいけないと思うね。


えらい坊さんが説法してくれると、よく施しをせよなんて言います。

いったい誰に何の施しをしろと言うのか・・・。


これはねー、自分が決して一人で生きているんじゃないということを理解しないといけない。

アナタが毎日食べてるご飯は、どこかでお百姓さんが汗水たらして作っているわけで、お金と交換でそれをいただけてはいるが、もしも金なんていらねーとお百姓さんが言ったとしたら、その瞬間からあなたは米が手に入らなくなる。

images (7)

そうなるともう美味しいおむすびも食えません。(←アンタそうとう困るね)

なのに、日ごろお百姓さんに感謝することがあるだろうか。


あるいは我々が着ているものだって、どこかで誰かが作っている。

その前に材料として羊が毛を刈られたりしてるよね。

しかし私たちは羊に感謝の言葉をのべたこともない。


こうやって人は知らず知らずのうちに誰かに世話になって暮らしているんですよ。


そう考えるとお世話になった人への感謝の気持ちを表すことが大切だとわかるよね。

これこそが施しなんですよ。

なにも余分にお金を渡すことが施しではないんですね。

一銭もかからない施しはあるんです。

誰かに親切にしたり、優しい言葉で癒してあげたり、または道に落ちているゴミをひとつ拾うこともりっぱな施しです。

この施しは必ず回りまわって自分に返ってくる。

棲家の無い犬や猫にパンのかけらをあげることも施しですよ。


他人にモノをあげるのは損だと考える人も多いかもしれないけど、他人にものをあげると不思議と返ってくるもんです。

因果の法則がちゃんと働いているから。

images (9)

ただね、施しをするときは報いを求めたらいけませんよ。

施す方も施される方も、互いに分け合う気持ちがないといけないと思うね。


だってそうでしょ、野良犬にパンをあげても見返りを求める人いないでしょ。

ひもじそうだからついついパンを投げてやった。

これが見返りを求めないホントの施しなんですよ。


「自分が蒔いた種は必ず自分が刈り取ることになる」というこの法則は、良い報いも悪い報いもすべて必ず返ってくるということです。

そう、投げたブーメランは受け取りたくなくても返ってくるんです。


それならいつも誰かに見返りを求めない親切や笑顔を施すというのが、幸せになる法則だということがわかるよね。

淡々と施しながら生きていると、それは回りまわってアナタに必ず返ってくるということです。

つまり施したつもりが、じつは何倍にもなってアナタを幸せにするということですよ。



釣り情報忽那の雫はコチラ
スポンサーサイト

| 未分類 | 05:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/230-aca3c0a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT