しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

天変地異は借銭返し?

しゅうちゃんです

人は輪廻(生まれ変わり)を繰り返しているんじゃないのか・・っということは、ここでもこれまでに書いてきました。

いやいや人は死んだらおしまい・・・。

何にもなくなるんだよっという人もたくさんいるとは思うんだけど、仏教のしきたりの中で生きてきた我々日本人は
輪廻転生があることを前提にした教えを自然に学んできてますよね。

動物をいじめたりすると、両親はじめ大人たちから生まれ変わったら虫や動物にされるぞと脅されたりしませんでした?(←アンタだけかも・・・)


輪廻転生についてはコチラも読んでね


私が小さいころは、生まれ変わったらブルース・リーになりたいってガキがいっぱいいた。(←映画が衝撃的だったので全員はまった)

まあしかし、ブルース・リーになって何をしようと考えたんでしょうかね。。。

このように、ふつうに生まれ変わりがあるんだと半分くらいは信じながら生きてきたわけです。

ダウンロード

ところがその輪廻転生の仕組みは、これから人類があじわうかもしれない大混乱の大峠(戦争?天変地異?)によって終了するかもしれないようなことが、聖書や日月神示などに書かれているんです。


つまりね、これまでなんで人が輪廻してきたかというと、自分が撒いた種の刈り取りだったわけ。

原因と結果の法則によって、自分が言ったり考えたりじっさいにやったりしたことが、良いことも悪いこともすべて同じレベルで自分に返ってきてた。


そうやって人生で学ぶということを繰り返していたわけなんだけど、例えば天変地異が起きて地球や人類がワヤになってしまったら、もうこの法則で積み上がったものを清算することができなくなるよね。


そうとうな悪事を働いて天罰が下る前に死んでしまったら、あっちへ行ったもん勝ちみたいなことになってしまうでしょ。

images (10)

そういった人が平気な顔して天国の階段を上がって行くことがないように、いったん人々が生前行ってきたことを清算するために起きようとしているのが地球の大激震なんですね。


そのときにどんなことが起きるかと言うことが、日月神示に書かれています。

空を飛ぶような者がいたり、地べたをはうような者がいたりという表現で書かれているんです。


まともな生き方をしてきた人と、なんの成長も無しに好き放題の強欲まみれで生きた人(←アンタか?)とにここで分けられるということなんだと思います。


これはもう、個人の行いの清算ではなく、人類が背負っていた悪いものをまとめて清算するというような、恐ろしいほどの大峠が用意されているいとしか思えません・・・。


この清算こそが、タイトルにある借銭返しの意味なんです。


こ、これはイカン、なんかいい事せねば・・・(←いまさら遅いわ!)

スポンサーサイト

| 未分類 | 15:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/220-d10137f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT