しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

昭和は神とともに

しゅうちゃんです

このブログで神だの仏だの、なんとかの法則だとか書いているのは、やはり私が昭和の30年代の生まれのせいかもしれない。

わたしが子供の頃、生活の場にはいつもそうした存在があった。


よく読んでた漫画はこんなもの。

ダウンロード (61)

怖がりのクセにこういうもんばかり読んでいた。

おかげで心霊の世界についてちょっと詳しくなったり・・・。

早朝、村中から聞こえてくる太鼓の音に混じってお経のような声もあちこちから聞こえてくる。


ばあちゃんは朝早くからいきつけの小さな神社にお参りしてたし、なんとなく線香のにおいが漂うそんな時代だった。

人々はみなご先祖の供養に一生懸命で、神や仏はすごく身近な存在だったんですね。


今なら子供の調子がなんか変と思ったらすぐ病院にいくけど、当時はちがった。

ダウンロード (62)

まわりの大人は、何か変なもんが憑いたんじゃないのかと疑い、それを祓ってくれるところへ連れてったんです。


ああいった憑き物をとる人はけっこういて、村に一人や二人は必ずいたような気がする。

そういった人たちは特別な人ではなく、ふつうに仕事を持っていて、駆け込んでくる人がいたときだけ対応してくれる。

生まれつきにそういう能力を持った人を、神がすべての土地に配置していたのではないのだろうかと思わせるほど、身近な存在だったわけね。


そんな昭和の時代を経験しているから、神・仏・心霊の世界がすんなりと受け入れられるんだと思うね。

けどそれでも、いまだに宗教に入ろうとはこれっぽっちも思わない。

だってね、あれは神示を直接伝えるものではないと私は思っているから。

神はいるんだろうけど、宗教は人が作ったもので、そこには少なからずも金のニオイがするから信じれないわけ。


ほんとうの地球や人間のはじまりのことは、真実を追求する人にしかわからない。

真実を知るためには一銭のお金もいらないし、自由な意思でもって知ろうとする人にだけ伝えられる仕組みになっていると思うから。

ここにも引き寄せの法則が働いてるのかもね。

知りたい人の目の前には、次から次に知りたい情報が現れてくるから不思議なもんです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 15:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syuu0214.blog13.fc2.com/tb.php/155-e56b268b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。