しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

第六話 生存本能、狩猟本能、その正体は?

くるわくるわ台風が((((;゚Д゚)))))))
まったく困ったもんですよね、釣りに行けやしない(^^;;
台風で荒れた海に出ないのも、一種の生存本能かもしれませんね。^ ^

そんなわけで、今回は生存本能の正体について^o^
もうなんの本で読んだのやら忘れましたが、人間や動物が持ってる生存本能についてハッとさせられたことがありました。

みんなもわかってると思うけど、動物も人間も、みな生存本能で生きてますよね。
動物は親から危ないことを教わることもあるけど、教わらなくても出来ることは多いです。

草食動物は、まだ見たことはなくても、大きなライオンが向こうから来ると、教わらなくても逃げるし、自分が生き延びるためだけでなく、自分の子孫を残すための、イヤラシイ行為⬅生殖行動と言いなさい((((;゚Д゚)))))))なんかも何の情報がなくたってできます。^ ^

一方、人間は言葉をしゃべれるからまだ恵まれていて、危ないことの多くは親から伝授されて身を守っています。

そして人間はイヤラシイことも大好きで⬅アンタだけかもしれんぞ!ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3、いろんな情報源からあらゆることを知り、子孫を残すだけじゃなく、快楽に溺れるためにこれを行なうことがありますね。⬅とくにこれが多い男ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

こんなふうに、動物も人間も生存本能にしたがって生きているわけです。
動物は人間ほど進化していないから、まあほぼ本能のままに生きています。

が、人間はちがう。^_−☆

火事が起きたら誰だって一目散に逃げるし、欲にまみれてる人は金目のものを持ち出そうと必死になりますね。

逃げるのは生存本能によって当たり前だし、金目のものを持ち出そうとするのは、家が燃えても生きていけるようにするためだから、これまた生存本能と言えます。

けどね、逃げようとした瞬間に赤ちゃんの泣き声がしたらどうします?

たぶん多くの人は自分の生存本能そっちのけで、ギリギリまで赤ちゃんを探し出して助けようと奮闘すると思います。

これを人間の神性と言うんだそうです^_−☆

人間にはいざという時に神性を発揮して他人を助けようとする本能があるんです。
だから人間なんです。

ふだんは他人を押し退けたり、蹴落としたり、罠にはめたりと、イヤラシイことをする人でも、一大事の時には他人を助けようとする神性が現れるんです。^_−☆

釣り師としてはね、生き延びるために狩猟本能を発揮して、家族のために沢山の魚を持って帰ろうとするけど、お腹をパンパンにした抱卵個体に出会うと神性を発揮する。

アンタは子孫を残すために今はまだ生きるべきだと小さくささやきながら、私はリリースします。^ ^⬅アンタ、もしかして良い人に見せようとしてないか?

動物は容赦無いとこもありますが、我々進化した人間は、いろんな場面でこの神性を発揮して生きるように設計されてるんですね。

こんなところを意識して、動物や植物まであらゆるものに愛を持って接すれば、自分自身も穏やかで平和に包まれて暮らせること間違いなしですね。\(^o^)/

あぁ今日は良いこと言った⬅コレがイカん!ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

いつも訪問ありがとう\(^o^)/




スポンサーサイト

| 未分類 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |