しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

創造主は陰謀も見抜いている

しゅうちゃんです

わたしは面白い出来事や気になるニュースにふれると、多くの人たちが知る範囲の情報と、その裏には何があるのかと勝手な推理をめぐらせる少数の人らの考えも同時に知りたくなります。

おおかた表に出てくる情報というのは、かなりな部分が創られており真相が隠されてしまっていると感じているからね。

逆になんでもかんでもこりゃ陰謀だ!っという人も話半分で聞かないといけませんが・・・。

でもね、大昔から人間同士の謀なんてのはあたりまえにあっただろうし、欲の深い人間同士が何人かいたらそりゃもう騙しあいが無い方がおかしいわけですしね。


金のためならなんでもやる。
他人を騙して裏で高笑いするようなことが世の中には山ほどあるだろうと思っていないと一生騙されっぱなしで終わる。

これを陰謀というんだから、陰謀なんてないなんておめでたすぎるよね。

けどね、われわれ一般庶民が小さな欲にかられて他人を騙す程度なら嘘つき・・・で済んでますよね。

こんなウソなら可愛いんだけど、他人の生命を虫けらのように考えてやりたい放題に生きている者が昔からいるんだろうと思います。

みんなもよく知っている存在としては、フリーメーソンやイルミナティーなんて人らがいますよね。


フリーメーソンについては都市伝説の関君の本でも読んでもらうとして、こういった集団の中のどういった人たちが何を企んでいるのかをつきとめようとする人たちはたくさんいます。

陰謀の世界は広大で、あらゆる分野にあらゆる者たちが寄生して、何も知らない人たちの財産や生命を脅かしています。

しかしこれら世界中で繰り広げられるいかなる陰謀も、この世を創ったとされる創造主はすべて見抜いているんじゃないかと思われるんです。


大本開祖の出口直さんが昇天したあと、国祖 クニトコタチの命が出口王仁三郎の手を通してくだされた神示

伊都能売神諭石屋という表現で出てくる箇所があります。

あまり勝手な解釈はできませんが、これって上に書いた人たちのことだと思いません?

つまりとっくの昔に見抜いてるんですよ。

ちょっとその箇所だけを抜き取ってみると



「世に出て居れる方の日本の守護神は、早く身魂を研いて、この結構な先祖から続いた国を守護いたさぬと、今度行り損なうたら、万劫末代取り返しの成らん事になりて、世界は石屋の自由自在にして仕舞はれるぞよ。

今からでも日本の人民に気がついて、守護神と一所に世界の大元、地の高天原へ参りて、イロハ言霊の勉強を致したならば、末代に一度の神界の結構な御用に使ふてやるから、国と一軒の家とには代えられんから、祖先の墳墓を悪神に荒されともないと、心の底から思う誠の人民で出て御座れ、世の元からの生神が神力を渡して、世界の良き鏡に致してやるぞよ。」


石屋の好き放題にされているから、神国日本の人民は早く気付けよと言ってるわけですよね。

大正8年にはすでにこんなことを言ってるわけだから、今の世界の構造をすでに見抜いていたということになります。

だって石屋がどうのこうのという話なんて、私が生まれた昭和の中ごろでさえまだ誰も知りませんでしたから・・・。

今ではフリーメーソンは元石工の集団だということはみんな知っていますよね。


テレビや本でフリーメーソンなんて言葉が出始め、誰もが知ることになったのは遠い昔の話しではなくごく最近のことですからね。

学研のムーとかを読んでいた人は見かけた名称かもしれませんが・・。(←アンタ買ってただろ)


ともかくこういった陰謀の世界のことも、創造主は全部知っていて、好きなようにやらせていたというわけですね。

そしてそろそろ悪巧みのない世の中に変えてしまう時節が到来していると言っているようなんです。


さて、これから先何が起きるのか、怖いようなワクワクするような・・・。(←アンタなんだか嬉しそうだな)


と、とにかく身魂を研きましょう


っとまあそんなわけで、いつもありがと~
スポンサーサイト

| 未分類 | 06:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。