しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

2014年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

超大陸パンゲアがまぜまぜ?

しゅうちゃんです

さっきまでね、わたしはキュウリの育て方について考えていた。(←いっぺん病院行ってきたほうがいいんじゃないの?)

深夜はとても貴重な時間で、静かで集中できるから、読書・音楽・映画鑑賞・釣りの仕掛け作り等、いろんなことをするわけです。

釣りをふくむいろんな仲間が、深夜にメールやラインで話しかけてきたりもする。

むこうは夜遅いので気をつかっているかもしれないけど、なんのなんの心配はいりません。
起きてる時はバリバリに何かに夢中になっているから、ふとしたメールを機に一服ができてとてもいい感じです。

今夜は野菜つくりの基本的なお勉強をして、こっそりギター弾いてひっそり唄って・・・(←近所迷惑だろ!)

bbc1.jpg

音楽ってね、やっぱ人間の生活にはなくてはならないものだという気がしますよ。

人はみんな生きた時代によって、それぞれ心に残るメロディーがあって、ときどきその中に身を置くことでまた元気になれる。


話変わるけどね、パンゲアって聞いたことある?

ムー大陸ならよく耳にするよね。

ムー大陸は太平洋にあったという説があるけど、現代の地球科学の定説では太平洋にそんな大陸が存在してた可能性はないんだそうです。

けどね、それは現在の太平洋の話。

超古代ということになると、誰にもわからないよね。


4500年前、みんな知ってるノアの大洪水のとき、地球には一つの大きな大陸と一つの大きな海しかなかったといいます。

この大きな大陸というのが超大陸パンゲアなんです。

この超大陸が、天変地異で海の底に沈んでしまったわけです。

その天変地異の原因は、人心の腐敗だと私は思っています。(←何でも勝手に想像する男)

いったんは海に沈んだように見えたが、その後地球の膨張によってまた陸地が復活し、その膨張によって陸地は割れた。

こうして現在の大きな形ができていったという説もあるんですが、どう思う?


じつはこの沈んだ超大陸パンゲアがムー大陸の正体だという人もいるんですね。

bbc0.jpg

オレンジの部分はご存じ、環太平洋地域といわれるあたりです。

最近の大きな地震や火山の噴火などを注意深く見てみると、このあたりでほとんど起きています。

古代でもそうだったように、今も危ない環太平洋地域


このパンゲアというかムーというか、ともかくデッカイ大陸には超古代文明があったようで、現代よりもすぐれたテクノロジーをもっていたかもしれない。

人間と言うのは愚かなもので、テクノロジーが進化すると精神面が退化したりする。
そんな心が荒んだ人間に、地球はときどき警告を発していた。

天変地異という形でね。

そんな天変地異が大洪水だったわけで、有名なノアの方舟で生き延びた人や動物がまた新たに世界を築いていったというわけなんですね。


そういった地球の警告が今また始まっているような気がするのは私だけではなく、すごく多いんだと思います。


このような地球の警告は、神示にも出てきます。

日月神示「黄金の巻」第六帖

天地まぜまぜになったら、まだまだなるのである。

彼れ是れ、何が何だか判らんことになると申してあろうが。

早う神示肚に入れておけよ。

己に逆らうは神に逆らうものぞ。

己拝むは神拝むもの。

キリキリ舞、目の前


この意味については、私ごときが解説できるものではありませんので、読んだ人がそれぞれ思ったように受け取るのが正解です。


先日も日本列島のすぐ上のほうにあるカムチャッカ半島で、5つの火山が同時に噴火してるのをNASAの衛星がとらえたようですよ。

なんとも・・・、危なっかしい時代に我々は生まれたもんですね。


でもね、それもきっと偶然ではないと思います。

だって何百年とか何千年とかに一度しかないような天変地異が起きるときに、百歳程度しか寿命のない私たちが生まれているんだとしたら、それはすごい意味がある。

もしもこの先地球に、ノアの大洪水のようなことが起きるんだとしたら、われわれはすんごい経験をすることになるんだなと、ちょっとドキドキするけどワクワクしたりもします。(←このへんが変態)
スポンサーサイト

| 未分類 | 04:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |