しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

2013年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

この嫌な予感はヒトラー予言によるものか

しゅうちゃんです

きょうはちょっと怖いお話。

わたしは無類の釣りバカで、宗教やオカルトの類とはまったく関わりの無い、やりたい放題に生きるただの男前です。(←最後ちょっとウソがあったね)

でもね、オカルト的な話には小さいころから興味はあって、親にねだって買ってもらうのはいつも恐い本。

幽霊が嫌いなくせに心霊本が好き・・・。

恐いくせに宇宙人やUFOなどの本が好き・・・。

こんな人って、じつはけっこういるんじゃないの・・・って思うんですがどうです?(←仲間がほしいのか)


そんなわたしですが、神も仏も信じずに今まで生きてきました。

でも、この世には不思議なことがふつうに起きていて、それらがウソだなどとは思っていないんです。

宇宙は今も謎だらけだし、幽霊なんかもいると思ってるし、そもそも人間がなんのためにどこからきて、どこへ帰っていくのかもいまだに謎だとみんな思ってるし、知りたがってると思うんですね。

だから多くの人は神を信じて宗教活動をしてるわけですよね。


そんな中で神様も信じずに釣りばかりしていた私なんですが、ここ数年の世の中を見ていると、どうしても気になる話が予言の類なんです。

わたしが小学生の頃恐れていたノストラダムスの1999年地球滅亡説ははずれて、今も元気に生きているわけですが、こういった大きな予言は2012年にもありましたよね。

マヤカレンダーが終わるから人類もこれで終わりだ!
なんて。

でもまだみんな息吸ってます。


けどこんな映画になったりテレビやなんかで言われるような予言は、あいまいな部分がとても多く、あたってもはずれても言い訳が効くようなものばかりです。


もっと具体的に未来はこうなるって言える人はいないのかと思いません?

それがいるんですね。

ヒトラー予言です。

ダウンロード

このおじさん、第二次世界大戦に火をつけたり、虐殺なんかのイメージばかりがつきまといますが、実は恐ろしいほどの予言の数々を的中させてるんです。


予言者としてのヒトラーを知る人はそんなに多くはないと思いますがどうです?

ヒトラーは近未来を細かく予知していたと言われています。


どうも戦場であるとき突然何かの拍子に自分が変わったと、自身が言ってたそうです。

それ以来、ヒトラーが「あいつ」と呼ぶ存在がいつも身の回りにいたようで、その存在から未来の出来事を聞いていたようなんです。


大予言者と呼ばれるような人と違い、ヒトラーは独裁者として知られていますが、独裁者になるまでの道のりには「あいつ」と呼ばれる存在が深く関わっていて、いつもヒトラーは危険な状態から命拾いしていたと言われてるんです。

戦場の最前線にいて、伝令などの危ない仕事をみずから買って出ていたと言われているんですが、おそらく自分が死なないことを知っていたんじゃないかと思われるフシががあるんですね。

そして戦場で多くの活躍をして、とんとん拍子に頂点に登りつめた。


そんな彼が側近たちにたくさんの予知を披露しています。

それらのまとまった資料なんかは無いようなんですが、ヒトラーを研究する人たちが持っている情報や、わずかに残る証拠なんかを繋ぎ合わせると、ヒトラーはすごい予言者でもあったことがわかるんです。

それらの予言は、狂ってるとしか思えないようなものばかり。
でもすべて現実になっていくので、側近たちはヒトラーに背くことなどできなかったんだそうです。

身近に現実となってヒトラーの不思議な能力を見せつけられた側近たちが証言するのは、戦場で指揮をとる場での話で、それは不死身とも思える彼の強運の数々です。

命の危険を回避するために、「あいつ」と呼ばれる存在がヒトラーに何かを教えていたと思われるエピソードがたくさんあります。

でも今回は、世界の未来を見通したヒトラーの予言を紹介します。

1989年以降

少数の支配者と多数の支配されるものに二極化が進む。
人類が思い上がって地球の環境をこわすため、宇宙が人類に復讐する。
地球に自然災害などの大異変が起こる。
そんな天変地異の中から「超人」のような存在が生まれる。
そして気候の異変や戦争などを治める。


2014年ころ

ヨーロッパの3分の1と、アメリカの3分の1が荒廃してしまう。
アフリカと中東も完全に荒廃する。
今の文明は砂漠しか残さない。
しかし人類はそれでも滅びない。
ドイツの一部と米ソの中心部、日本や中国は深いキズを負いながらも生き残る。


2039年以降

1月、人類は地球からいなくなっている。
1月以降、人類は神の方に進化し、「神人」になるものが現れる。
彼らは数次元上の知能と能力をもっている。
あらゆる危機や問題は彼らが解決する。
残りはただ操られ、働いたり楽しんだりする完全に受動的な「ロボット人間」と化している。
ロボット人間は、神人の言いなりになって気楽に生きていく。


これより先の未来も予言しているんですが、私はもういないので知ってもしかたないんですね。

問題なのは今です。

現時点でヒトラー予言が言い当てているのは、支配する者される者。
そして天変地異
戦争の危機ではないでしょうか。

わたしが完全にヤバいなと感じるのは今世界で起きている干ばつや熱波、そして寒波や洪水などです。

ダウンロード (18)

これらをヒトラーは「あいつ」と呼ばれる存在から聞いて、側近たちに語っていたというから恐ろしい・・・。


いま世界中で洪水や干ばつが起きていますよね。

最近はすこし日本でも報じられていますが、実際にはテレビ見ているだけじゃまったくわからないほど多くの災害が世界を襲っています。

ヨーロッパの洪水はときどき報じられていますが、今まさに起きていることです。

インドもひどいことになっています。

日本でも最近の台風は大型化することが多く、竜巻なども珍しくなくなってきています。


人間のエゴが今、宇宙から大きなしっぺがえしを受けているように思うんですがあなたはどう感じますか?

この他にもヒトラーはたくさんの未来を言い当てています。

ミサイルやロケットがまだ開発されてないころ、イメージ図をかいて世界で最初に開発させたのもヒトラーです。

誰もが知ってる名車フォルクスワーゲン
車は自然界の生き物に酷使した形になり、高速道路がたくさんでき、そこをビートル(カブト虫)が走り回ることを見抜いていたのもヒトラーです。

しまいには、自分が死んでいなくなる日までほぼ知っていたようでした。

そして復活することも・・・。


長くなりましたので、また機会があれば。

スポンサーサイト

| 未分類 | 16:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |