しゅうちゃんの瀬戸内釣りある記 裏ブログ

釣り・陰謀・オカルト・日々の出来事まで何でも

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

中島攻略法!

春先から梅雨明けまでのメバル釣り

images (10)



読者さんからいただいたメールの中で、中島のメバル釣りに苦戦されていた方がいらっしゃいましたので、今回はこの時期のメバルの狙い方をわたしなりに書いておきます。

今の時期、島でのメバル釣りは誰でも藻に悩まされます。
なので決して腕が悪いなどと考えないことです。

今から梅雨ころまではどこへ行っても藻が大量に発生していますので、満潮時の藻が立っている時を狙うのが基本です。

しかし行く日によっては、うまく満潮ころに竿を出せないときもありますよね。
そんな日は、常夜灯のあるハトに狙いを定めてみてください。

場所選びは、「春先~梅雨明けまではハト」「冬場は磯まわり」と覚えておくと役に立ちます。

藻がある時期の磯場での狙い方は、飛ばし浮きを使った胴付き風のものを私は使用しています。

フローティングタイプの飛ばし浮きを付けて海面付近を引くわけです。


必ずやっておきたいのは、明るいうちに釣り場について藻場の確認です。
これをやるとやらないとでは、釣果に大きく差がでます。

藻の位置をよく観察しておいて、引っぱれそうなところを探しておくんです。
エサにはゴカイもいいですが、疑似餌(カブラ等)で探っても良いと思います。


ハトが空いているなら先端以外でも、通常の胴付き狙いでやれます。
春先からのメバルはハトのほうが有利です。

小さいメバルが頻繁に当たってくるときは、ゴカイは使わない方がいい。

なぜかというと、手返しが悪くなり大型にたどりつけませんから。


特に今ごろの時期はワームに反応がいいので、小さいのがたくさんいるときは、手返し良くリリースしては投げるの繰り返しです。

船の出入り口(ミオ)付近には藻が生えにくいので、底すれすれを引っ張って食わせるのもいいです。

小さいのが掛かっったら、そのままのスピードで巻き取ってみて。

いいサイズが追い食いすることもあります。


中島のハトなら、熊田・西中・神ノ浦・ニョウがおすすめ。

中でも西中・ニョウは水深があり、思わぬ大物もきます。


メバルのみを狙うなら熊田・神ノ浦でもいいと思います。


磯まわりは冬場の釣り。

ハトは春の釣りです。

今の時期に磯場の藻に悩まされたなら、シーズンをかえてもう一度チャレンジ!


わたしが応援しています

ああそれからね、わたしの友人でもある大阪のしゅうちゃんこと葛城さん

この方は、月刊誌関西の釣りにも連載しているメバルの名手ですが、このかたの釣法メバるんるんは、今の時期の釣りにも有効だと思いますので、本屋さんで見かけたら読んでみるといいかも・・・。


その大阪のしゅうちゃんが、わたし松山のしゅうちゃんにメバるんるん松山支部長をやってくれとのことでしたので、メバるんるん釣法については私に出会ったら聞いてください。(←会ったらって、お前どこにいるんだ?)
スポンサーサイト

| 未分類 | 14:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |